最短・最速で胸筋を発達させたいのなら、まず初めにマッスルコントロールをマスターしましょう。

筋トレ初心者は、マッスルコントロールで筋肉に効かせる方法を学び、実践することでいち早く筋肥大を得ることができます。

この章では、カッコいい胸になりたい方のために、胸のマッスルコントロールの練習方法を画像と動画で詳しく解説しています。

マッスルコントロールで胸筋を動かす練習を何故やるのか?

最短・最速で筋肥大を促すトレーニング法の3ステップは

ステップ1.最初にマッスルコントロールをマスターする。

ステップ2.マッスルコントロールをしながら、筋肉に効かせるトレーニングを実践しマスターする。

ステップ3.上記の2ステップがクリアできたら

・スロートレーニング

・加圧トレーニング

・通常のウェイトトレーニングや自重トレーニング

など、自分に合ったトレーニング法で、最短・最速で筋肥大を促し、あなたの得たいボディをゲットする。

となるのです。

なので、筋トレにおいては、何よりも優先して、最初にマッスルコントロールをマスターする必要があります。

それで、胸のマッスルコントロールができるようになると、胸のトレーニングの基本種目である、ダンベルフライが正しく行えるようになります。

このダンベルフライを行うときの筋肉の動かし方、つまり大胸筋の正しい動きが、胸に効かせるトレーニングの全てといっても過言ではありません。

ダンベルフライで大胸筋を正しく動かすことができるようになれば、その他の胸の種目、

・ベンチプレス

・ダンベルベンチプレス

・チェストプレスやペックデッキフライ等のマシン類

・自重での腕立て伏せやディップス

なども、胸の筋肉の動かし方は基本的に同じですので、すぐに効かせ方がマスターできます。

ダンベルフライの動きで、スタートポジションからフィニッシュポジションまで目的の大胸筋に力を入れ続けて、抜けないようにする。

これができるようになるために、この章で胸のマッスルコントロールを学びます。

詳細は、マッスルコントロールの教科書(日本語版)をご覧ください!

マッスルコントロール 胸の練習方法の具体例1

マッスルコントロール 胸の練習方法の具体例の一つを写真を交えながら解説します。

1.肩と僧帽筋をリラックスさせる

肩と僧帽筋をリラックス
肩と僧帽筋をリラックス

筋弛緩法により数回行います。

2.脳で胸筋をイメージして意識を集中する

脳で胸筋をイメージする
胸筋に意識を集中

脳で自分の胸筋の形を具体的にイメージして、意識を集中させる。

3.合掌トレーニング

合掌トレーニング
合掌トレーニング

両手を合わせて、合掌のポーズをしながら、胸筋に力を込めます。

この時決して、手を合わせることや手のひらに力を込めることに意識がいってはいけません。

また、肩と僧帽筋は常にリラックスさせておきましょう。

肩と僧帽筋は常にリラックス
肩と僧帽筋は常にリラックス

4.合掌トレーニング2(横から見た図)

合掌トレーニング(横から見た図)
合掌トレーニング(横から見た図)

両手を合わせて、合掌のポーズをしながら、腕を前に伸ばして胸筋に力を込めます。

ダイナミックに腕を伸ばしたり縮めたりして動かすことで、胸筋への刺激を変えます。

こうやって、胸筋に意識を集中させながら、動かすことで、胸筋の収縮を感じ取ることを行います。

5.胸筋を動かしてみる

胸筋を動かしてみる
胸筋を動かしてみる

1,2,3,4で胸筋へ意識が集中できるようになったら、今度は合掌することなしに胸筋を動かしてみましょう。

最初は、「手を合わせるような動作をして、合掌する直前で腕の動きを止める」という練習をしてみましょう。

腕を動かす範囲を少しずつ減らしていき、最終的には、腕を全く動かさないで胸筋に力を入れることができるようになりましょう。

6.胸筋を触りながらトレーニング

胸筋を触りながらトレーニング
胸筋を触りながらトレーニング

5のトレーニングと並行して、胸筋を片方の手で触りながら合掌トレーニングの動作を行なってみましょう。

鍛えようとしている筋肉を触りながら行うことで、胸に当てた手(指)から知覚神経を介して脳に知覚情報が送られます。

これを基にして、再び脳で筋肉の状態を判断して、目的の筋肉に適格な命令を送ります。

7.胸筋が硬くなっていることを確認

筋肉の硬さを確認する
筋肉の硬さを確認する

このとき、胸筋を完全に収縮させて、極限まで筋肉を硬くします。

この状態を脳で確認したら、手で筋肉を触ります。

胸に当てた手(指)から知覚神経を介して再び脳に知覚情報が送られます。

鍛えようとしている筋肉と脳を神経で繋ぐ。

これの繰り返しで、マッスルコントロールをマスターするのです。

 

※なお、マッスルコントロール 胸の練習方法の具体例2、3は次節の動画で解説します。

マッスルコントロール 胸の練習方法の解説動画

前節で紹介した「マッスルコントロール 胸の練習方法の具体例」の動画です。

動画を見ながら、鏡を使って、早速トレーニングをしてみましょう。

・マッスルコントロール 胸の練習方法の具体例1

胸に効くマッスルコントロール1


・マッスルコントロール 胸の練習方法の具体例2

胸に効かせるマッスルコントロール2


・マッスルコントロール 胸の練習方法の具体例3

胸に筋が入るマッスルコントロール3

次回は「マッスルコントロール 背中の練習方法」を解説します。

マッスルコントロールの教科書
マッスルコントロールの教科書

マッスルコントロールの教科書(日本語版)はこちらからどうぞ!